Android4.4から利用可能になったホストベースカードエミュレーション
早速使ってみました。
(会社のNexus7。個人持ちのXperiaVLが4.4になる事は……もう無いのでしょうね)

カードエミュレーションの特徴
・端末にISO14443Aカードの振りをさせられる
 (リーダーライターから見ると、ただのカードです)
・画面ロックを解除しなくても反応する
・送受信のタイミングをアプリで制御できる
 (AndroidBeamの場合、ユーザーのタッチにより送信)
・ディスプレイの電源が入っていない場合は反応しない
 (モバイルFeliCaはディスプレイや端末の電源が入っていなくても動作する)

ポーリング
ISO14443A 106kbpsポーリングで端末を捕捉できます。
(SELRESの6bit目によりカードエミュレーションの可否を判断できます)
※Android4.4未満の端末でも、SIMカードが挿入されている場合はSELRESの6bit目が1になります
その場合は、後述するSELECT FILEにより対応の確認を行います

ISO7816-4 SELECT FILEコマンドにより
自作のアプリ(Serviceとして実装)を起動できる

0x00 0xA4 0x04 0x00 0x07 0x01 0x01 0x01 0x01 0x01 0x01 0x01 0x01 0x00
0x00(CLA)
0xA4(SELECT FILE)
0x04(DF-name)
0x00(First record)
0x07(アプリ識別子の長さ)
0x01 〜0x01(アプリ識別子。これに一致するアプリが起動されます)
0x00(レスポンスデータ長)

・指定したアプリがインストールされていない場合
・Android4.4未満の場合
はFileNotFound(0x6A 0x82)がレスポンスされます。
※SIMカード内にアプリ識別子の一致するものがあれば応答するものと思われます

アプリが起動すると
リーダライターとアプリがシリアル通信可能な状態となる
(カードから命令を送ることはできませんから、常にリーダー側からコマンドを送る事になります)

ペイロード部がそのまま送受信されるため、READ、WRITEはあまり関係ありません